田村市Style本音の暮らし。自然室温で暮らせる家。

居心地のいい上質な木の家専門店

株式会社 丸ウ吉田工務店

田村市船引町堀越字田島池140 〒963-4204
 info@green-build.co.jp

 

家づくりの流れ

土日祝祭日も営業

お気軽にお問合せください

あなたの三大資金

あなたの三大資金

  人生で求めるものを得るためには、ポジティブ思考で考えたり、よく働いたり、我慢したり、何らかの犠牲を払ったりしなければならないと思っていませんか?いいえ違います!

住まいを計画考えるときに
一番大切なことをお話しします。

誰もが勘違いや間違いをしていますが、
順番を間違えると大変な後悔をすることになります。
まずは…
あなたのご家族のライフプランシュミレーションを

確りつくり検討する。
家族のイベントごとに資金がいくら必要になるのか

そのために貯蓄はいくら必要なのか
確り検討しましょう。


■ライフプランシュミレーション→■資金計画→■住宅検討
逆から進める方が多いですが、決して失敗しないでくださいね。
人生の3大資金と言われるものに
「教育資金」「老後資金」「住宅資金」があります。

教育資金について
文部科学省データーによると
学習教育費(授業料・制服代・通学費)
校外活動費(家庭教師・塾・習い事)
すべて国公立に通わせても1,000万円以上、
すべてを私立の理系となると2,500万円近い教育資金。
毎月の教育費をざっくり計算すると
小学校で2万5,300円、中学校で3万8,300円、高校で3万2,800円、
大学だと12万円です。
大学生は自宅から通学を想定していますので、
郡山から東京の大学へとなるともっと費用必要になってきますね。
小中高校生の時はちょっと家計をやりくりすればやっていける
範囲かも知れませんが、十分な準備と計画が必要です。

老後資金について
生命保険文化センター生活保障に関する調査によると
夫婦二人で老後で、「最低日常生活費」をみると、均額は月22.3万円。
さらに、旅行やレジャー、趣味など、ゆとりある生活を送るための
上乗せ額をみると、平均額は月14.3万円で、「ゆとりある老後生活費」は
月36.6万円となっています。

総務省の家計調査年報をみると
高齢無職世帯平均実収入から税金及び消費支出を差し引くと
5万8千円の赤字になり、不足分は貯蓄などから取り崩しているようです。
これらを踏まえライフプランシュミレーションしきっちっとチェック検証
もちろん他にも趣味や車の購入、旅行等も盛り込まなくてはいけません。

住宅資金ついて
以上のシュミレーション結果から住宅ローンはいくら返済可能かを検討します。
決して借入できる金額ではないことをお忘れなく。
これらをきっちと検証シュミレーションすることで
住宅建築の際の資金への不安が解消されるはずです。
もちろん無理を感じたら住宅建築は延期や取りやめもシェアに入れてくださいね。
その後住宅ローンの事前審査を受けて借入可能かの判断をしてください。
その上で初めて住宅計画がスタートです。

自己資金についても非常に重要です。
住宅価格の20%ぐらいを準備した方が良いとされます。
また、万が一収入がストップしても生活できるだけの資金を生活予備資金として、
生活費の6ヶ月分を目安に貯蓄しておくとよいでしょう。

必ずしも金利等によっては自己資金を準備してから計画が損をするケースもあります。
よくよく検討が必要です。

決してあなたは住宅を建てることが目的にならないでください。
あなた自身のご家族の笑顔の為に家づくりを進めるのです。
そう考えたら、資金もプランも仕様も何が大切かは見えてくるはずですね。
あなたのご家族一人ひとりの夢・目標が実現できる家づくりを実現くださいね。

 それはあなたに役立つか、立たないかどちらかです。単純なことです。
もしもあなたが人生を逆転させたいと思っているなら、時間の無駄を省いて、成功したいと思っているなら、家族の笑顔をいつまでも継続したいと思っているなら。
いますぐ、携帯080-5735-2785にお電話ください。
追伸 リスクゼロの無料ご相談は、何があっても無料であり、どんなリスクもないということを忘れないでください。ただありうるリスクは、あなたがこのご招待を断り、非常に大きな利益を得る機会を棒に振ってしまうことだけです。

お問合せはこちら

JR郡山駅磐越東線いわき方面行き乗車25分(1時間に1本程度有)、
JR船引駅下車。
車(タクシー)で5分。
田村市立船引南中学校より郡山方向へ向って信号二つをすぎ、
最初の交差点((株)桑原コンクリート工業さん左折、2件目倉庫の建物。

お電話でのお問合せはこちら

0120-85-3106

受付時間:9:00~17:00(土日祝日も営業)

「お任せください。わたしがお役立ちします」

申し訳ありませんが現在年間6棟のご予約がいっぱいですぐにはご依頼をお受けすることが出来ません。新規のお客様は先着順で受け付けておりますので、遠慮なくご連絡ください。できるだけ早く返信を差し上げますが、ご希望の場合は新規のお客様待機リストに登録させていただきます。
それはあなたに役立つか、立たないかどちらかです。単純なことです。
もしもあなたが人生を逆転させたいと思っているなら、時間の無駄を省いて、成功したいと思っているなら、家族の笑顔をいつまでも継続したいと思っているなら。いますぐ、携帯080-5735-2785にお電話ください。
追伸 リスクゼロの無料ご相談は、何があっても無料であり、どんなリスクもないということを忘れないでください。ただありうるリスクは、あなたがこのご招待を断り、非常に大きな利益を得る機会を棒に振ってしまうことだけです。        
 

 あえて空間に余白をつくる

 代表 吉田 正之

0120-85-3106

0247-85-3106

080-5735-2785

050-3737-2624

info@green-build.co.jp

住所:〒963-4204
   田村市船引町堀越
      字田島池140

株式会社 丸ウ吉田工務店

代表取締役 吉田正之

営業時間:8:00~17:00

休業日:土日祝日も営業

よくある質問

安心の三大保証

かし保証 

住宅完成保証

地盤保証

長期固定金利 フラット35

ジャパンリフォームローン

リフォーム商品大特価情報

福島県民の意見を聴く会

小さい会社の活動を
紹介いただき感謝します

読売新聞『ロハスの風』
2007年5月1日(火)

日経ビジネス
2012年8月9日(木)

詳細はこちら

福島民友新聞
2010年2月10日

読売新聞
2006年7月19日

福島民友新聞
2007年7月21日

福島民友新聞
2007年5月29日

コンセプトはグッドデザイン賞を受賞しております。

福島県地域型復興住宅
推進協議会

詳細はこちら