田村市Style本音の暮らし。自然室温で暮らせる家。

居心地のいい上質な木の家専門店

株式会社 丸ウ吉田工務店

田村市船引町堀越字田島池140 〒963-4204
 info@green-build.co.jp

 

家づくりの流れ

土日祝祭日も営業

お気軽にお問合せください

小さい家に暮らしたい

小さい家に暮らしたい

小さな家に暮らしたいという方は、年々増えてきているような気がします。一番の理由はコスト面でしょうか。本来高い設計力が必要な小さい家を実現できるお客様を第一に考える建築家の出現です。個人的にも、大きな家よりも小さな家の方が好きですし、住みたいとも感じているので、あなたには実現してほしいですね。

小さい家の定義とは

高い設計力が必要です

外観デザインの特徴である深い軒。夏に入射光をカットし、冬には優しい自然光を取り入れる。

「小さな家」って、言葉の定義があいまいですよね。公的に誰かが決めているわけではないので、非常に難しいのですが、延床面積30坪以下だとちょっと大きい気もします。

個人的には延床面積25坪以下ぐらいが妥当な気がします。

 

狭小住宅との違いは?

Wikipediaには、

外壁は高千穂シラス壁の塗り壁です。味わいある外壁に仕上がります。

狭小住宅とは、狭小な土地に建てられた狭小な住宅である。明確な定義はないが、一般に約15坪以下の土地に建てられる住宅が狭小住宅と呼ばれる。
 

と書かれていますが、個人的には、土地形状によりその小さいサイズしか建てられない住宅を、狭小住宅と呼んでますね。

「小さな家」は、土地の広さもあり、それなりの広さの住宅を建てられるのに、わざわざ小さいサイズで建てている住宅ことを呼んでいます。

小さな家のメリットとは?

必ず笑顔に

太陽熱や風のエネルギーを地域を読み解き利用する。

  1. 土地の選択肢が増える。
  2. 敷地を活用できる。
  3. 建築コストが抑えられる。
  4. 光熱費が抑えられる。
  5. 浮いたお金で家の質を上げる。または趣味に使える。
  6. 掃除が楽。

家が小さいわけですから、土地の形状もそこまで影響を受けにくくなります。また、そこそこ広い敷地ですと、庭としての活用もあれこれできますよね。

家が小さい=床面積が小さい。わけですから、当然、住宅の価格(建築費用)も抑えられます。また、面積が小さいわけですから、日常に掛かる光熱費だって抑えられます。そうやって浮いたお金で、住宅の性能や質を上げることも出来ますし、インテリアや趣味に使うことだってできるわけです。

小さな家で上手く暮らすには、間仕切り壁を極力減らすことです。大きな家のように各部屋を仕切ってしまうとただの狭い小さな家になってしまいます。小さな家で大きく暮らせるよう、仕切り方は設計の腕の見せ所ですね。また、小さな家で間仕切りが少ないと、掃除も楽になります。

小さな家に対するデメリットをどう打破していくか?

しょうもない見栄なんですね(^^)

家づくりセミナー建築家半田雅俊氏

コスト面ではメリットが大きいですが、小さな家にも懸念すべき事項があります。

  1. 「小さい」というネガティブ思考
  2. 作り手の設計力が必要
  3. 住まい手に暮らすチカラが必要

世間的には、「大きな家=立派」という概念があるので、「小さな家」という言葉の響きが、ネガティブに聞こえやすいのは否めません。世間的には、平屋でも小馬鹿にする方がいますよね。そういったことから、「お金に余裕がない」「みっともない」などと見られているのではというコンプレックスが生まれるかもしれません。しょうもない見栄なんですけどね(笑)

この辺りの意識をどうクリアするかです。小さな家でも、質の良い家を建てて、上手く暮らすことができてれば、何も恥じることはないんですけどね。また、皆で建てれば怖くないです(笑)

小さな家の間取りは難しい。設計力=脱LDKの考え方が必要

丁寧な対応に感動!

居心地いい心地よい居場所をいっぱいつくる。「上質な小さな木の家」

設計においては、小さな家の設計・間取りは、実は難しいです。ただ小さくすればいいってものではありません。だから、設計力に自身のある建築家の中でも設計出来る人できない人が出てきます。

下手に小さくしただけでは、安っぽくなり、使いにくくなり、最悪な住宅になります。よくある従来の何LDKという考えでは「小さな家」は作れないですね。脱LDKの考え方が必要です。

 

住まい手に暮らすチカラを付けさせる。

小さな家に暮らして一番困るのは、収納関係でしょう。収納スペースもそう多く作れないので、物との付き合い方を見直す必要があります。せっかくのいい機会だと思いますよ。

「小さな家」は誰でも住めるとはかぎらなさそうです。やはり、住まい手にある程度の暮らすチカラが求められます。でも、住まい手に暮らすチカラが身に付くと、家をあれこれ計画するのも楽しくなりそうです。

普通の小さな家では上手くいかない、これからは小さな暮らしで訴求

丁寧な対応に感動!

いつまでも「かわいい家」「楽しい家」「居心地いい家」「心地よい家」を実現する方法とは

もうモノが優先される時代じゃないので、「小さな家」というモノ勝負で進んでいっても、間違いなく失敗します。実際にお金かけてドカンとやって、失敗しているところがありますよね(苦笑)

つまり、プランなどのモノ優先ではなく、これからの小さな家には、暮らしのちょうど良さというか、中身の「ちょうどよさ」が基準になるのではないでしょうか。

必要なものにすぐ手が届いたり、スッキリと気持ちよく管理ができたり、家の中で何かしていても、じっとしていても落ち着ける心地よさがあって・・・そういったちょうど良さをカタチにした時、たまたま「小さな家」だったという感じが適している気がします。

モノが当たり前の世代の、暮らしや家に対する「小さな」「ちょうどよさ」の感覚は、変化していってますね。

賢い生活をおくるということは

生活にゆとりを持つこと

小さくてもあなたも必ず豊かに暮らせる「木の家」

節約や倹約を目的に生活費を切り詰めるということではありません。
無駄遣いをやめて、生活にゆとりを持つことです。

住まう人たちの共通の願いは、
家族みんなが楽しく幸せに暮らせるおうちに巡り合うことです。
広く大きな家を求めることでもなく、
高額な設備機器や仕上げ材を求めることでもありません。
簡素な形でありながら格好がいいスマートさがあり、
何げない普段の生活が営めるおうちです。

お問合せはこちら

JR郡山駅磐越東線いわき方面行き乗車25分(1時間に1本程度有)、
JR船引駅下車。
車(タクシー)で5分。
田村市立船引南中学校より郡山方向へ向って信号二つをすぎ、
最初の交差点((株)桑原コンクリート工業さん左折、2件目倉庫の建物。

お電話でのお問合せはこちら

0120-85-3106

受付時間:9:00~17:00(土日祝日も営業)

「お任せください。わたしがお役立ちします」

申し訳ありませんが現在年間6棟のご予約がいっぱいですぐにはご依頼をお受けすることが出来ません。新規のお客様は先着順で受け付けておりますので、遠慮なくご連絡ください。できるだけ早く返信を差し上げますが、ご希望の場合は新規のお客様待機リストに登録させていただきます。
それはあなたに役立つか、立たないかどちらかです。単純なことです。
もしもあなたが人生を逆転させたいと思っているなら、時間の無駄を省いて、成功したいと思っているなら、家族の笑顔をいつまでも継続したいと思っているなら。いますぐ、携帯080-5735-2785にお電話ください。
追伸 リスクゼロの無料ご相談は、何があっても無料であり、どんなリスクもないということを忘れないでください。ただありうるリスクは、あなたがこのご招待を断り、非常に大きな利益を得る機会を棒に振ってしまうことだけです。        
 

 あえて空間に余白をつくる

 代表 吉田 正之

0120-85-3106

0247-85-3106

080-5735-2785

050-3737-2624

info@green-build.co.jp

住所:〒963-4204
   田村市船引町堀越
      字田島池140

株式会社 丸ウ吉田工務店

代表取締役 吉田正之

営業時間:8:00~17:00

休業日:土日祝日も営業

よくある質問

安心の三大保証

かし保証 

住宅完成保証

地盤保証

長期固定金利 フラット35

ジャパンリフォームローン

リフォーム商品大特価情報

福島県民の意見を聴く会

小さい会社の活動を
紹介いただき感謝します

読売新聞『ロハスの風』
2007年5月1日(火)

日経ビジネス
2012年8月9日(木)

詳細はこちら

福島民友新聞
2010年2月10日

読売新聞
2006年7月19日

福島民友新聞
2007年7月21日

福島民友新聞
2007年5月29日

コンセプトはグッドデザイン賞を受賞しております。

福島県地域型復興住宅
推進協議会

詳細はこちら