田村市Style本音の暮らし。自然室温で暮らせる家。

居心地のいい上質な木の家専門店

株式会社 丸ウ吉田工務店

田村市船引町堀越字田島池140 〒963-4204
 info@green-build.co.jp

 

家づくりの流れ

土日祝祭日も営業

お気軽にお問合せください

良い子に育つ家

きっと良い子に育つ家づくりとは?


「きっと良い子に育つ家づくり」について話します。。
子どものために家を建てる人は多いですね。
この話も、とても大切です。
意外かも知れませんが、家に使われる建材は子育てと密接な関係があるんです。

ところで、あなたは、
家を建てる本当の目的は何ですか?
なぜこんなことを聞くかと言うと、
家を建てる時、ほとんどの人が「家を建てる」ことを目的にしてるからなんです。
だから、本来の目的である「生活を楽しむ」ことが、後回しになってます。
特に話が進むにつれ「家を建てる」ことに集中してしまうんです、
誰でも、家族全員が健康で楽しく暮らしたいですよね。
そして、「子どもがいい子に育つ」ことを願ってます。
それには、住環境を考えた家づくりをしなければいけないんです。

じつは、青少年の悲惨な事件の背景には、住環境が大きく関係してるんです。
2、30年前と比べて、青少年が起こす犯罪は、極端に増えています。
また、凶悪化しています。
事件を起こした子どもたちは、“真面目でおとなしい子だった”“成績優秀だった”など、いい子に映っている子に限って、そんな事件を起こしている場合がよくあります。
そして、子ども中心の家づくりをした家庭に多いようです。
もちろん、様々な要因があるでしょう。

それでも、家庭環境が第一要因に違いはありません。また「間取り」や「使われている建材」にも原因があります。家が原因で、子どもを蝕む具体的要素を考えます。
あなたは、まず、身体的にどんな症状がでるのか?


新聞や雑誌などで、よく取り上げられているシックハウス症候群
“下痢”とか“吐き気”“めまい”、また、“食欲不振”“極端な視力低下”など。
そんな症状だと、まさか家に原因があるとは思いません。
それで、病院へ行くわけです。

しかし、病院では住環境について聞かれません。
ですから根本原因がわからず、応急処置しか出来ないんです。
また、アトピーや喘息などもそうです。じゃあ、具体的にどうすればいいのか? 
それは、建物に使われてる建材を調べることです。
実際にその製品の成分表を見れば解ります。

しかし、安全基準を満たしている。こんな表記をしたものがありますね。
でも、気をつけてください。毒性がゼロということではありません。
では、精神的な症状は?

あなたは、“よくきれる”子どもがいますね。
また、“ヒステリック”“ストレス”“ノイローゼ”“うつ病”など・・・。
最近では、子どもでも、うつ病になります。

家が原因で、精神的な害を受けているということを聞いた事がありますか?
じつは、ほとんどの人が、家が原因だなんて思わないんです。
建材であったり、または間取り自体の問題で、ストレスが溜まり、
うつ病になったり。そういう事例が結構あるんです。


さらに、ソワソワしている、イライラしている、怒りっぽい。
そういう人を周りで見かけることはないですか?
子どもがそういう状態だと、成績にも影響が出てきますよね。
勉強はしているけど、最近、なぜか成績が落ちていっている。
また、どうも記憶力が弱くなっているように思う。
さらに、以前のようにいろんなものに関心が示せなくなったとか。

子どもは何にでも興味があり「何で?」って、よく親に質問します。
しかし、それが、ある時を境に、だんだんそういう物事に対しての
関心を示さなくなる。そう言う事例が報告されています。


ところで、あなたは、照明器具も影響します。
ホテルでは蛍光灯が使われてないってご存知ですか?
高級ホテルでは、決して蛍光灯は使われていません。何故でしょう? 

それは、落ち着かないからです。
また、電気を消してもすぐ眠れないからです。
なぜなら、蛍光灯は昼間の光を再現したものだから、体が昼と感じているんです。
だから、寝室に蛍光灯はふさわしくないわけです。


あと、オシャレなレストランも、蛍光灯でなく白熱灯ですね。
白熱灯は料理をよりおいしく感じさせます。
それは、照明の仕方だけの問題じゃなくて、発光体自身に
問題があるということなのです。
でも、電気代は蛍光灯が安いから、白熱灯が使われないんですよね。
体にもよく、精神的にもくつろげる白熱灯を適材適所に使ってください。


あなたは、どの家庭でも子どもの成長には関心が深いです。
家に焦点をあわせるのではなく、子どもに焦点をあわせて話すと良いですね。

お問合せはこちら

JR郡山駅磐越東線いわき方面行き乗車25分(1時間に1本程度有)、
JR船引駅下車。
車(タクシー)で5分。
田村市立船引南中学校より郡山方向へ向って信号二つをすぎ、
最初の交差点((株)桑原コンクリート工業さん左折、2件目倉庫の建物。

お電話でのお問合せはこちら

0120-85-3106

受付時間:9:00~17:00(土日祝日も営業)

「お任せください。わたしがお役立ちします」

申し訳ありませんが現在年間6棟のご予約がいっぱいですぐにはご依頼をお受けすることが出来ません。新規のお客様は先着順で受け付けておりますので、遠慮なくご連絡ください。できるだけ早く返信を差し上げますが、ご希望の場合は新規のお客様待機リストに登録させていただきます。
それはあなたに役立つか、立たないかどちらかです。単純なことです。
もしもあなたが人生を逆転させたいと思っているなら、時間の無駄を省いて、成功したいと思っているなら、家族の笑顔をいつまでも継続したいと思っているなら。いますぐ、携帯080-5735-2785にお電話ください。
追伸 リスクゼロの無料ご相談は、何があっても無料であり、どんなリスクもないということを忘れないでください。ただありうるリスクは、あなたがこのご招待を断り、非常に大きな利益を得る機会を棒に振ってしまうことだけです。        
 

 あえて空間に余白をつくる

 代表 吉田 正之

0120-85-3106

0247-85-3106

080-5735-2785

050-3737-2624

info@green-build.co.jp

住所:〒963-4204
   田村市船引町堀越
      字田島池140

株式会社 丸ウ吉田工務店

代表取締役 吉田正之

営業時間:8:00~17:00

休業日:土日祝日も営業

よくある質問

安心の三大保証

かし保証 

住宅完成保証

地盤保証

長期固定金利 フラット35

ジャパンリフォームローン

リフォーム商品大特価情報

福島県民の意見を聴く会

小さい会社の活動を
紹介いただき感謝します

読売新聞『ロハスの風』
2007年5月1日(火)

日経ビジネス
2012年8月9日(木)

詳細はこちら

福島民友新聞
2010年2月10日

読売新聞
2006年7月19日

福島民友新聞
2007年7月21日

福島民友新聞
2007年5月29日

コンセプトはグッドデザイン賞を受賞しております。

福島県地域型復興住宅
推進協議会

詳細はこちら